キャッシングとローンを徹底比較!どちらがお得に借り入れできる?

どうしてもお金が急に必要になったとき、あなたはどうやってお金を作り出しますか。家族や友人などに借りるという方もいるかもしれません。しかし、それは、大切な人間関係を崩してしまうことになりかねません。

そこで、金利を払って、会社から借りるという方法があります。お金に余裕のできたときに返せばいいので、金利があるにしても、年収のそこまで多くない方でも比較的楽に返済できることがあり、多くの利用者がいます。

お金を会社から借りることには、いくつか呼び名があります。キャッシングといったり、ローンといったりしますよね。クレジットカードのキャッシングや、消費者金融会社や銀行のカードローン・・・たくさんの種類があり、迷ってしまいます。

それでは、キャッシングとローンではどちらがお得なのか徹底比較しましょう。

キャッシングとは、そもそも、短期間で一括返済の借り入れを指すようです。クレジットカードのキャッシングの返済方法は選べる時代ですが、もともとはそうなのですね。

対して、ローンというのは、比較的長期にわたって借り入れをして、月々いくらというふうに返済していくものを言います。教育ローンや住宅ローンは私たちの生活を救うものとして多くの人が利用していますよね。

住宅ローンや教育ローンに比較して、キャッシングの方が金利が高いようです。住宅ローンは0.8%だったり1.2%だったりと低金利ですが、キャッシングは18%程度の金利がつきます。ずいぶん違いますよね。

このようにキャッシングと住宅ローンの金利が違うのは、キャッシングは一時的に少額を借り入れるものだからでしょう。住宅ローンのように高額なお金が何十年もの期間動くものではありません。ですから、キャッシングは気軽にできるぶん、金利も高いという性質があります。

また、住宅ローンではなく、消費者金融のカードローンとなると話は違います。覚えておきたいのは、キャッシングとカードローンには大きい違いはないということです。金利もほぼ同じですし、サービスもそこまでの違いはないといっていいでしょう。カード一枚で気軽に短期間キャッシングできるものをカードローンと呼んでいると考えていいと思います。

閉じる